のぼりやカタログスタンドは専門業者に発注しよう|宣伝効果アップ

チラシスタンド

広告をしよう

テレビ業界における広告のメリットと最大限に活用するための工夫

企業がテレビ広告宣伝費として使う費用は、例えば週1回、ゴールデンタイムの1時間番組で1回に約1億円と言われています。 そのお金の使い道としてテレビ広告費の約2割が広告代理店の取り分で、約5割が放送局の利益や電波料金、残りの約3割で、番組を制作されています。 ゴールデンタイムは、一般的には夕食を済ませ、テレビを観る時間帯なので、スポンサー企業とすればメリットを感じます。 テレビ広告を打つ時間帯も重要ですが、そもそもその番組を見てもらわないと意味がありませんので、スポンサー企業としても、その番組の内容をチェックして、視聴者に受け入れられるかどうかを判断しなければなりません。 そこの所は予算と出演者の兼ね合いなどを工夫して番組制作をする必要があるのです。

テレビ業界における広告のトレンド

企業や商品などの知名度を上げるために、有効だと思われる手段としてテレビ広告が挙げられます。 今やテレビ業界は地上波はもちろんのこと衛星放送など視聴者の選択範囲は広がりつつありますが、まだまだ、地上波でのテレビ広告の影響力はかなり大きいものになっています。 しかしインターネットの普及により、一昔前と比較すると影響力が小さくなったことは認めざる負えません。 アメリカではインターネット広告がテレビ広告を抜いたというニュースが入ってきています。 近い将来、日本でもインターネット広告がテレビ広告を抜く時代がやってくるかもしれません。 スポンサー企業として、これから一般消費者にどのような手段で知ってもらいたい商品を伝えていくのか。 そこが重要視される時代がやってきたと思われます。